DA変換の最近のブログ記事

PSoCのDA変換モジュールDAC8を使ってみました。
使い方は簡単で、以下のサンプルソースのようにすれば大丈夫です。

このサンプルではP0[3]の出力電圧が変化します。
ディレイもいれてあるのでテスターを当てて調べてみると、
電圧がだんだん高くなっていき、また下がる様子がわかります。
(0[V]→5[V]の繰り返し)

今回はPSoC、CY8C29466で実験しました。
このデバイスはアナログ出力が
P0[2]~P0[5]
のポートでしかできないので注意が必要です。
(私はLCDモジュールをPort0で使っているのでちょっと困りました。)


◆ソースコード



◆DAC8で変換する際の注意点
DAC8を動かす際、周波数の設定に注意する必要があります。
分周しないでVC1 = 24MHzのままやってしまったりすると動作しません(常に2.4V前後になってしまったりする)
VC1 = SysClk / 16では大丈夫でした。

参考記事:PSoCフォーラムの記事