その他の最近のブログ記事

ここからが本番です。今回は以下のようなスクリプトを書いてみました。
(サンプルが雑ですみません)

先ほど調べたボタンの座標を指定して、そこを自動的にクリックさせるようなプログラムを書きました。これを繰り返し行わせています。

サンプルのダウンロードはこちらから

試しに、先ほどのゲームを実行してから、このプログラムを実行し、「開始ボタン」 を押してみてください。マウスカーソルがすごいスピードで動き、 勝手にボタンを押してくれます。見事に難しいゲームを簡単にクリアしてしまいました。

※途中で止めるにはESCキーを押しっぱなしにしてください。

sample_game_play.png
動作中の様子↑


HSPを使えば(別の言語でもよいですが)、いろいろと便利なことができます。
面倒な処理や難しい処理もプログラム言語に処理させれば簡単。
今回は特殊編ということで、ちょっとかわった使い方を紹介します。
自動レベル上げとかに使えるかな??
(「くだらない!」と思う方は読まないでください(苦笑))


◆導入
例えば、以下のようなゲームがあったとします。
(説明のためにつまらないゲームを作ってみました)

サンプルゲームのダウンロードはこちらから

このゲームでは二つのボタンを交互に押していきます。
制限時間内に一定回数押せばクリアです・・・が、普通にやったのではクリアは至難の業です。
クリアできた人はきっとすごい人です。ためしにやってみてください(笑)

sample_game_ss.png
↑ゲーム画面サンプル

ここではゲームを補助するスクリプトを組んでこのゲームをクリアしてみましょう。

実際に使ってみてよかった、おすすめのHSPプラグインのリンク集です。
ご活用ください。



◆HSP3.0でも動作するプラグイン

・DirectX9

DirectX9の"DirectGraphics","DirectDraw","DirectSound","DirectMusic","DirectInput","DirectShow"を扱えるようにするものです。
かなり使い勝手もいいのでおすすめです。多機能。
メモリ上にロードしたデータも読める関数があります(一部のみ)
hmm.dll




・DirectXの拡張プラグイン

hspdx.dllのバグを取り除いて、さらに使いやすく改良されたものです。
扱いやすく、簡単にDirectDrawで高速描画なゲームをつくりたいときに必須です。

高機能。
hspdx.dllのバグ取り改良品 hspdxfix.dll




・Ogg Vorbis 再生プラグイン

oggを再生できるプラグインです。HSP3.0でもなにげに動いちゃいます。
メモリ上にロードしたoggデータも読めるので便利です。
ds_play.dll




・Ogg Vorbis 再生プラグイン

細かい操作がいろいろできるogg再生プラグインです。
メモリ上にロードしたoggデータは読めませんが、途中からのループ再生などができます。
Vox.dll




・PNGイメージ読み込みプラグイン

HSP3.0対応です。
メモリ上にロードしたpngデータも読めます。
シンプルで使いやすいです。
hsppng3.dll




◆HSP2.61以前で動作するプラグイン


・画像処理プラグイン

HSP3.0非対応(一部の関数のみHSP3.0からでも使えます)なのが残念ですが、
非常に高機能で、BMP / JPEG / PNG / GIFの相互変換や画像処理が行えるプラグインです。

imgctl.hpi






※HSPに標準でついているプラグインに関しては書いていませんが、標準プラグインにも便利なものがたくさんあります。

HSPでのメモリ節約について書いていきます。

ところで、HSPでメモリを確保するには
sdim buf,65536
のように書きます。
このようにすると、変数bufのメモリを65536Byte確保してくれます。


このあとで、変数bufがいらなくなったときに
sdim buf,1
と書いたらどうなるでしょう。