Flashゲームの最近のブログ記事

Desktop_TD_ProというおもしろいFlashゲームがあったので紹介します。
机上に砲台を設置して敵を倒していくゲームです。

砲台を設置して通路を作り、敵の攻撃を防ぐことができるため、
あらかじめ通路がある場合に比べ、自由度が高く奥が深いので楽しめます。
こちらで紹介しているゲームとおなじ作者のゲームです。)

■Desktop TD Pro
http://www.casualcollective.com/#games/Desktop_TD_Pro

http://www32.atwiki.jp/tower_d/pages/13.html
↑TD系ゲームのWiki

  
DesktopTDProSS.png
↑スクリーンショット


(攻略のヒントは続きから)
 

★レビュー(紹介)
部屋にあるアイテムを駆使して密室から脱出する脱出ゲーム。
さまざまな謎を解き、部屋を脱出することができればクリア。

この作品にはセーブ機能がついているのが大きな特長。
もしゲームを中断しても途中からはじめることができるのでうれしい。
じっくりと謎解きができるようになっている。

ちなみに私はまだクリアできていません。セーブしたのであとでゆっくりやってみます。
タイトルが「スフィア」だけあって部屋からたくさん球が見つかるのですが、これは何に使うのでしょうか。
なかなか難しそうです。
(4月1日追記:クリアしました。作者ホームページのヒントを見てしまいましたが、かなり楽しめました
仕掛けや謎解きがすばらしかったです。特に、カエルの謎は楽しかった)


game27_0.png
↑タイトル画面

★レビュー(紹介)
気がつくと知らない部屋に閉じ込められていた……!
なんとかここから脱出しなければ!
という密室脱出ゲームのひとつ。
部屋にあるアイテムを駆使して仕掛けを解き、部屋を脱出する。

この作品は携帯用に作られたものをFlashに移植したもののようです。
つくりはシンプルで、これも短時間でできる作品なので気軽にチャレンジしてみましょう。
(謎解きのネタとしてはけっこう定番だと思いますので、比較的簡単かな。。。)


game26_0.png
↑タイトル画面

★レビュー(紹介)
気がつくと知らない部屋に閉じ込められていた……!
なんとかここから脱出しなければ!
という密室脱出ゲームのひとつ。

部屋にあるアイテムを駆使して仕掛けを解き、部屋を脱出する。
今回は謎の白い棒が部屋中から見つかる。
それをドアに使うことはわかるのだが、どのように配置すればよいのかは部屋の謎を解かなければならない。ときたま部屋の電気が消えかかるのがポイント。

謎解き自体がわかれば短時間でクリアできる。(ちなみに白い棒の配置は毎回ランダムで変化するようです)

同じ作者が作ったSWAN'S ROOMよりも簡単なので最初はこちらをやったほうがよいかも。
(SWAN'S ROOMはけっこう長い上に手ごわいです^^;)

game25_0.png
↑タイトル画面

★レビュー(紹介)
3Dの画面で雪合戦するゲーム。

街の中で雪合戦をする。街の中には雪だるまと対戦相手(コンピュータ)がいる。
自分は相手の投げる雪玉に当たらないようにしながら、街の中にある雪だるまを全て壊せば次のステージへ進める。

相手に雪玉を2発程度当てるとしばらく相手の動きをとめることができる。
また、相手から雪玉を当てられすぎるとゲームオーバーになってしまうので注意。

雪玉の数は無制限(ただし、雪玉を足元から補充する必要がある)
設定で難易度を下げると簡単になるので、アクションが苦手な人でも先に進むことができ、楽しめる。
また、設定でフォグをONにすると、リアルさがアップするのでおすすめ。


img_0.png
↑タイトル画面

★レビュー(紹介)
トイレに入ったらになぜか閉じ込められていた……!
なんとかここから脱出しなければ!
という密室脱出ゲームのひとつ。

トイレにあるアイテムを駆使して仕掛けを解き、脱出する。
アイテムは一見何もないような場所に隠されている事も多い。さらに、謎を解くのがなかなか難しいが、うまくいったときは気分がよい。
脱出ゲームとしては比較的簡単で短時間のうちにできるのではじめての人におすすめ。


game24_1.png
↑なぜかトイレに閉じ込められる。このままでは困る

★レビュー(紹介)
気がつくと知らない部屋に閉じ込められていた……!
なんとかここから脱出しなければ!
という密室脱出ゲームのひとつ。

部屋にあるアイテムを駆使して仕掛けを解き、部屋を脱出する。
アイテムをきちんと見つけて謎を解くのがなかなか難しいが、うまくいったときはかなりうれしい。
最後は思わぬわなが待ち構えており、それを解けばクリアとなる。

難易度としてはなかなか高く、うまくできずにクリアを断念してしまうこともありそうだが、
作者のページにヒントがあるのでがんばってみよう。


game23_1.png
↑ゲームスタート。ドアは開かない。

★レビュー(紹介)
球を壁などにぶつからないようにゴールまで移動させるイライラ棒のようなゲーム。
マウスでドラッグして球を動かしていく。

パズル要素あるのがイライラ棒とは違うところである。
赤い部分に乗ると球が勝手に動いてしまったり、青い部分に乗ると大きな球になったり、スイッチに乗るとゲートが開いたりとさまざまな仕掛けが施されたステージをクリアしていく。

BGMやエフェクトがかっこいいおすすめFlashゲーム。

game22_0.png
↑ゲームスタート。箱をマウスで動かして赤いスイッチに乗せると赤い床が消える。

★レビュー(紹介)

ホイールを転がして金貨や星など集めるゲーム
矢印キーを使いホイールを転がす。
坂の上から一気に転がすとかなり楽しい。



game21_0.png
↑最初のステージをクリアするとプレイできるステージやモードが増える

★レビュー(紹介)

倉庫番のようなパズルゲーム。ボールをゴールに入れるのが目標。

自分が操作するのはボールで、これを使い箱を動かしたりして道を作っていく。
また、障害となるボールも登場し、これにぶつかったり、水中に落ちたりするとゲームオーバーになる。

Flashのゲームだが、パスワードを入れることで途中のステージから再開することもできる。

また、時間制限もあるので緊張感のあるプレイもできる。

game20_c.png
↑わかりやすいヘルプがあるので安心。ボールをゴールに入れるのが目標である


★レビュー(紹介)

以前紹介したFlash Element TDと同じ種類のゲームで、武器を使い進入してくる敵を撃退するFlashのゲーム。
Flash Element TDに比べ、グラフィックやBGM、システムがパワーアップしている。

敵には属性があり、特定の武器でしか倒せない敵も存在するため、戦略が重要になる。
バランスよく武器を配置しないと敵の数が増えすぎ、ゲームオーバーになってしまう。
また、武器を置く場所も重要。

武器にはLVがあり、敵を倒したときに得られるお金でパワーアップできる。

game19_a.png
↑武器はパワーアップできる。どんどんパワーアップさせていこう
(表示される円は攻撃範囲)

★レビュー(紹介)

進入してくる敵を撃退するゲーム。数種類の武器を使い敵を倒す。

敵には属性があり、特定の武器でしか倒せない敵も存在するため、戦略が重要になる。
バランスよく武器を配置しないと途中で進入を止められなくなり、ゲームオーバーになってしまう。
また、武器を置く場所も重要。

武器にはLVがあり、敵を倒したときに得られるお金でパワーアップできる。(LV1~VL3)
また、木材を使えば新たな属性を持った特殊なタワーを建てることもできる。

game18_b.png
↑バランスよく武器(タワー)を配置する

★レビュー(紹介)

完成度の高いシューティングゲームです。このゲームはFLASHでつくられています。
このゲームではさまざまな敵を倒していきます。
難易度もEASYからHELLまで幅があり、初心者から上級者まで楽しめます。
強化ポイントを使って戦艦を強化できるので、どんどん強くなるおもしろさを味わえます。
フラッシュなので、ダウンロードしなくてもすぐに遊べるのもいいですね。


画像
↑実際のゲーム画面。


画像
↑強化ポイントを使って戦艦を強化できる!

★作者ホームページへ

※ゲームはこちらにあります。



<メモ>
FLASHでつくられたゲームのセーブデータの場所について

※ゲームのセーブデータはWindowsXPの場合、
C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Macromedia\Flash Player\#SharedObjects\[適当な文字列]\[ホスト名(plala.or.jpなど)]\[サイト名(nextframeなど)]\[任意のフォルダ名(swfなど)]\[フラッシュのファイル名(bs.swfなど)]
のあたりに*.solというファイル名のものが入っています。(拡張子:sol)
それがセーブデータです。
よって、それをバックアップすれば、セーブデータのバックアップができます。
他のPCにデータを引き継ぎたい時にも便利かもしれません。

例)myData.solをバックアップする


※追記:作者様のサイトが移転したので、セーブデータに関する詳しい記述が作者様のサイトで公開されているのでもうこのメモは必要ないかもしれないです。。。


※この記事は以前私のホームページで書いた記事をブログに移行したものです。
そのため、この記事の日付は実際に記事を書いた日付にはなっていません。
(移行開始 : 2007/03/13~)