その他の最近のブログ記事

このページではZaurus(Linux)でコンパクトフラッシュ(CF)をフォーマットする方法をメモしておきます。

/*
なぜこんなことをしたかというと・・・・
先日、ZaurusでNAND Flash Back Upをやってみました。CFにバックアップしました。
うまくいったみたいなので、次にHDD BackupもCFにしてみました。容量が足りなくなりそうな気もしましたが、
どうにかなるだろうと・・・

(NAND Flash Back Upをするのに参考にしたサイト:
http://ayamem.exblog.jp/1303286/

そうしたところ、HDD Backupが途中で失敗しました。
たぶんCFの容量不足です。仕方がないのでNAND Flash Back Upで生成されたファイルのみ
PCに移動しようと思ったところ、CFのデータがきれいに飛んでいて、なぜか
Zaurusからは数MBしか認識されないようになっていました。
(本来よりずっと小さな値しか認識されていません。CFが壊れた!?)

仕方がないのでfdiskを使ってCFをフォーマットすることにしました。
けっきょくなんだかんだでHDDとNANDのバックアップは延期することにしました。
*/

Zaurusで、大文字のディレクトリを作ったはずなのに小文字になっていることがある!
かなりなやみましたが、いろいろ探した結果、対処法がみつかりました。



 先日、Zaurus(SL-C3200)を買いました。
 実はあまり期待していなかったので、小型でここまでできる
ということに驚きました。
このザウルスはOSがLinuxで、ApacheやPerl、それにPHPMysqlなどのパッケージも公開されているので、これをインストールして、WEBサーバ(主に動作確認用。重いので実際に運用するのはきついと思われます)として使うこともできます。
 また、JAVA(J2ME1.3相当?)も動かすことができます。
 ただ、逆にノートパソコンのようなものを期待すると非常にがっかりするとおもいます。
メモりは非常に少ないですし、重い処理は原則できません。
「携帯電話より画面が大きく、キーボードもあるので文字が多少打ちやすい」程度に考えていると感動できます(笑)

 ザウルスを入手したらおすすめなのがWEB上で公開されているソフトウェアを導入することです。
買ったばかりの状態ではほとんどただの電子手帳状態です。
(といっても付属のソフトもかなり高機能です。でもそれだけでは不便なのです。)

 例えば、付属のメモ帳は拡張子がtxtのファイルしか扱えないですし、特定のディレクトリ(/home/zaurus/Documents以下)のデータしかアクセスできません。このため、*.cgi,*.html,*.confなどのファイルは扱えず、なおかつ「/home/www/conf/httpd.conf」などのファイルは編集できないため非常に不便です。
 そこでZEditor(高機能なテキストエディタ。色分けもできる)を導入するなど、WEB上で公開されているソフトウェアを導入することをお勧めします。

・・・というわけで、以下におすすめのソフトを紹介しておきます。
(画像をクリックで拡大できます)