無線LAN導入その2 - Aterm WR4100N購入

| トラックバック(0)

無線LAN環境が別でもう1つ必要になったため、AtermWR4100Nを購入しました。
ヤマダ電気で6980円(ポイント10%還元)でした。
 
最初はもっと安いものにしようと思いましたが、
CoregaやPLANEXは接続がよく切断されるという評判があったのでやめ、
NECのAtermにしました(以前買ったAterm WR6650Sが安定して動作していたので)
 
以前買ったAterm WR6650Sと比べ、
AtermWR4100Nは小型になっており驚きました。
(IEEE 802.11aはなくなりましたが、IEEE 802.11nドラフトが使えるようになっています)


Aterm_1.jpg
↑左:Aterm WR6650S、右:AtermWR4100N

 

Aterm_2.jpg
↑携帯電話と比べると小ささがよくわかる。
 
 
この無線アクセスポイントのよいところは、送信出力が設定で変えられることです。
Aterm_musen_syuturyoku.png
↑設定で送信出力が抑えられるので、外部に漏れる電波も小さくなる。
 セキュリティ上少し安心。消費電力も抑えられるかも!?

また、SSIDを二つ割り当てられることや、
無線LAN側端末からは設定画面へアクセスできない機能もよいと思いました。
 
とりあえずファームウェアを1.0.3にアップデートして動かしてみています。
(今のところ無線、有線ともに問題なく使えています)
 
★メモ
アクセスポイントモードのときのローカルIPアドレス(デフォルト)

・AtermWR4100N
http://192.168.0.211/

・Aterm WR6650S
http://192.168.0.210/

■リンク
・AtermWR4100N
http://121ware.com/product/atermstation/product/warpstar/wr4100n/index.html

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.bird-soft.net/mt5/mt-tb.cgi/272

最近のブログ記事

お知らせ
[お知らせ] ・その1  Movable…
CANON EOS 7D レビュー
新しい一眼レフ「EOS 7D」を買いまし…
コスモス畑
先週、あけぼの山農業公園のコスモス畑に行…