« シルクジャスミン(ゲッキツ)苗購入 | メイン | クターの年末大感謝祭2008(〜2009) »



FLASH Lite 2.0 で携帯待ちうけFLASH(fscommand2、SharedObject)

先日、携帯電話を830SH(Softbank)に変更しました。
待ち受けにFlashが使えるので、調べてみました。
簡単に参考ページなどをメモしておきます。

830SHで使えるのはFlash Lite 2.0(Flash7相当)のようです。

★詳細は続きを読んでください

◆開発環境
「Flash 8」の場合はアップグレードする必要があります。

下記よりダウンロード可能
・Flash Lite2へのアップグレード
 Adobe - Flash サポート: ダウンロード
 http://www.adobe.com/jp/support/flash/downloads.html
 (http://download.macromedia.com/pub/flash/updates/8/flashlite2/fl8_flashlite2_update_jp.exe)


◆Flash Liteでの携帯端末独自のアクションスクリプト
fscommand2を使うと、携帯の電波状態、電池状態、充電中かどうか等を取得できます。
なかなかおもしろいです。端末のメーカによって返される値が異なるらしいので、やっかい。

Flash Liteのコマンドfscommand2の解説ページ
http://nsflash.com/action/action.html

◆Flash Liteでのsharedobject
sharedobjectを使うと、Flashの状態を携帯端末に保存(セーブ)できます。
非常に便利です。
Softbank携帯では対応していないものと、対応しているものとあるようです。
830SHでは利用できました。

・Adobeのページのサンプル
http://livedocs.adobe.com/flashlite/2_jp/main/00000952.html#wp19156

・sharedobjectの使い方で参考になるページ
http://www.1art.jp/flash/le/lesson41/lesson41.htm
★携帯用FLASHではPCでのFlashとは違い、
 明示的にflushのコマンドで保存することが必要です!

 
--(参考)今回作ってみたスクリプト----------------------





応援お願いします(人気blogランキングへ)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bird-soft.net/mt/mt-tb.cgi/224

コメント

God dag! Kan jag ladda ner en bild fran din blogg. Av sak med hanvisning till din webbplats!

コメントを投稿