補間方法にBicubicもつかえる画像変換ソフト - おてがる画像変換

| トラックバック(0)
前回の記事で書いた画像のサムネイルとHTMLコードを自動生成するソフトを改変して、画像変換ソフトを作りました。

このソフトを使うとたくさんの画像のサイズをまとめて変更することができます。
操作はこの種のソフトによくあるように、変換したい画像をウインドウにドラッグアンドドロップするだけです。

対応形式はJPEG,PNG,BMP,TIFF,GIF

また、画像のサイズを変える際の補間方法を指定できます。
NearestNeighborやBilinear、Bicubicなどを選べます
Bicubicにすると高品質のまま小さくできるのでなかなかよいと思います。

ImageConverter_0.png

ちなみに補間方法は自前で実装しているわけではなく、.NETで用意されているものを使っています。 こちらのほうが簡単確実です(笑)
実装に関しては@ITの.NET TIPS「画像を高品質に拡大/縮小するには?」が役に立つと思います。

◆比較
比較に使用した画像はこちらのサイトのものです。わざと高解像度の画像を用意し、縮小してみました。

これを使い、有名なソフトで縮小を試してみました。
(縮小専用とD-ORDERS!フリー版は私が以前よく使っていました)


ImageResizeHikaku_0.jpg ImageResizeHikaku_1.jpg ImageResizeHikaku_2.jpg
D-ORDERS!フリー版 2.1 / ドラッグ&ドロップ画像変換 3.01 / 縮小専用。 1.50
ImageResizeHikaku_3.jpg ImageResizeHikaku_4.jpg ImageResizeHikaku_5.jpg
本ソフト(HighQualityBicubic) /  PictBear Ver.1.7.4  / MS Paint
ImageResizeHikaku_6.jpg
本ソフト(LOWにしてみた)


縮小専用はなかなかきれいです。
D-ORDERS!フリー版は意外にもゆがみが大きいように見えます。
また、参考までにPictBearとMS Paintも試してみました。Paintがなかなかきれいなのが意外。
PictBearはあまりきれいではないですが、別途フィルタを導入することで高品位縮小が行えます。

これを見るとわかるように、本ソフトもなかなかきれいに縮小されるので、使えると思います。


◆新機能[Ver.0.0.3より]
対応ファイル形式が増えました。PNG,JPEGに加えてBMP,TIFF,GIFも対応しています。
読み込みだけならICOなども使えるようにしました。

また、変換後の画像に任意の文字列(フォント・色・スタイルを指定可能)を合成できる機能もつけてみました。デジカメ画像のExif情報の撮影日を合成することもできますので何かに使えると思います。


◆ダウンロード

画像変換ソフト[ Ver0.0.3 ] のダウンロードはこちらから。
(2007/04/08 更新)

画像変換ソフト[ Ver0.0.2 ] のダウンロードはこちらから。
(2007/04/07 22時54分更新)

画像変換ソフト[ Ver0.0.1 ] のダウンロードはこちらから。
(2007/04/07 20時20分更新)

おてがる画像変換のページをこちらに作成しました。以後こちらで最新バージョンを更新していきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.bird-soft.net/mt5/mt-tb.cgi/179

最近のブログ記事

お知らせ
[お知らせ] ・その1  Movable…
CANON EOS 7D レビュー
新しい一眼レフ「EOS 7D」を買いまし…
コスモス畑
先週、あけぼの山農業公園のコスモス畑に行…