« Visual C#は使いやすい(その2) | メイン | ゲーム作成日記 - ゲームデータを変換 »



マップエディタ作成中

本格的に(?)C#にはまってきました。
最近は前回紹介したマップエディタをより汎用的に作り直しています

・マップサイズの制限の撤廃(任意のサイズのマップを作成可)
・ミニマップの表示(簡易・詳細表示の二種類)
・ミニマップをドラッグで編集範囲を変更

などを加えました。
C#はネットや本のTIPSを参考にすればHSPより楽にツールが作れることがわかりました。
(ほとんど何も知らなくても大丈夫といっていいくらいです(笑))

今回、ミニマップを作成する上で
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/dotnettips/023resize/resize.htmlが参考になりました。
ここを参考にすれば、簡単にC#で画像を拡大・縮小して表示させることができます。

Graphicsクラスを使うことにより、

NearestNeighbor(ニアレスト・ネイバー)
Bilinear(バイリニア)
Bicubic(バイキュービック)

などの補間アルゴリズムを使った拡大縮小が簡単に行えます。
(アルゴリズムについては何も知らなくてもできてしまいます)
特にバイキュービック法は結構きれいに拡大・縮小できるのでうれしいですね。


以下は、今回作成中のエディタで、以前HSPで作成したマップをCSVに変換したもの
を表示しているところです。ミニマップがでているので以前より楽に編集できます。

MapEditorCs2.png
↑マップエディタ (Ver.0.5.1)

MapEditorCs3.png
↑二種類のミニマップ(左:簡易表示 右:詳細表示)


2006/10/14追記:
基本機能が完成したので、こっそり公開しておきます。
興味があれば実際に触ってみてください。
マップエディタ ver.0.6.1




応援お願いします(人気blogランキングへ)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bird-soft.net/mt/mt-tb.cgi/96

コメント

マップで、サイズ参考された!

コメントを投稿