Javaでシューティングゲーム(Javaアプレット)

| コメント(1) | トラックバック(0)

今日は軽く日記です。

最近、Javaでゲームを作っていましたがある程度完成したので公開します。
新シューティングアプレットはこちら

birdshoothing2006.png


時間がないので画像は以前作ったシューティングのものを使っています。

今回の製作の目的はオブジェクト指向の便利さを体験することです(笑)
以前作ったシューティングはオブジェクト指向などを考えずに作っていたので、
今回は以前よりパワーアップさせようと考えました。

・ここまで作ってきた感想
オブジェクト指向の便利さがよくわかりました。
オブジェクト指向はゲームを作るならかなりお勧めです。とても便利で、敵や弾などの管理が楽です。

例えば、
1.敵などのクラスをあらかじめつくっておき、そこに敵の性質などを定義しておきます。
2.ゲーム中で敵のインスタンスをどんどん生成
3.生成したインスタンスを"オブジェクトリスト"に登録しておきます。
4.ゲーム中ではそのオブジェクトリストに登録されたものを描画し、当たり判定を取ります。
5.敵が倒されたらオブジェクトリストから倒された敵を削除してそのインスタンスへの参照を切ってしまいます。これで倒された敵は描画もされず、当たり判定なども行われなくなります。
このような感じで非常に管理が楽になります。
また、移動などもJavaのうりであるポリモーフィズムとかなんとかのおかげで非常にシンプルに記述できます。

◆リンク - 参考サイト

Javaでシューティングゲームを作ろう
↑そのまんまですがかなり参考になりました。自分だけで考えてつくったら少し効率が悪くなっていたかも

68user's page
スコア送信部分で「ネットワークプログラミングの基礎知識」を参考にしました

http://www005.upp.so-net.ne.jp/aoken/
色や透明度を扱う際に、「Javaイメージアプレットを作ろう」が役に立ちました

Java Media Frameworkを活用する
BGM再生のためにJMFを使ったので参考にしました

Javaでゲーム作りますが何か?
↑爆発エフェクトのやり方が参考になりました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.bird-soft.net/mt5/mt-tb.cgi/72

コメント(1)

WhiteRabbitはここまで指向したかったみたい。

最近のブログ記事

お知らせ
[お知らせ] ・その1  Movable…
CANON EOS 7D レビュー
新しい一眼レフ「EOS 7D」を買いまし…
コスモス畑
先週、あけぼの山農業公園のコスモス畑に行…